介護福祉士 資格 独学

介護福祉士の資格を独学で取得することはできる?

介護福祉士の資格を独学で取得することは出来るのでしょうか。

 

現在一般企業などで働いている方や、福祉関連以外の高校・大学を卒業した方などは特に、独学で勉強していくということを考えている方もおられると思います。

 

ここでは、独学で介護福祉士の資格を取得することが出来るのかということについて、ご説明していきます。

 

独学での取得は出来ます

介護福祉士の国家試験の勉強を独学で行うとなれば、受験資格を満たしているかどうかを、まず確認しなくてはなりません。

 

養成施設もしくは福祉系の高校などに通っていない方の場合であれば、残る受験資格取得の道は一つとなります。

 

それは、実務経験を3年以上積み、実務者研修を受講するという事です。施設などで実務経験を3年以上積んで実務者研修を受講することによって、介護福祉士の国家試験受験資格が得られます。

 

ただし、施設などで実務経験を積むには、未経験可の施設で働くよりも、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)などの介護士の資格を取得してから、有資格者として働くほうが、キャリアアップに繋がり易く、仕事の質も上がるのでお薦めです。

 

そこから、国家試験の対策問題集などを購入し勉強していくことになります。

 

どこを勉強したらいいのか、どのような学習方法が良いのかなどが分かりづらく、少し難しいかもしれませんが、独学での取得が出来ないことは無いですし、独学で取得された方ももちろんおられますよ。

 

仕事をされている方の多くは講座を利用

独学で勉強するとなれば、その量はとても凄まじいものになります。どこをどうやって学習したらいいのかということも、解り辛い部分が出てきます。さらに、仕事をしながら学習していくとなれば、時間も体力ももたなくなってしまうかもしれません。

 

ですので、仕事をされている多くの方は、通信・通学講座で行われている介護福祉士の国家試験受験対策講座を受講されているのです。

 

独学での取得は可能ですが、現在の仕事との両立となると少し難しいとも言えるかもしれません。あまり無理をすることなく、講座で効率よく学習していくということも、介護福祉士になる手助けとなる一つの方法だと言えます。