ニチイ 介護福祉士受験対策講座

【ニチイ】介護福祉士受験対策講座の特徴とは?

介護福祉士の受験対策講座には、多くの講座が開かれています。その中に、医療・介護からIT・パソコンまで幅広い資格取得が行えるニチイというものがあります。

 

このニチイの介護福祉士受験対策講座(通信)とは、どのような特徴があるのでしょうか。以下で詳しく見てみましょう!

 

働きながら学ぶことが出来る

ニチイは有名であり、様々な資格において合格者が多数いる点から、介護現場からのリアルな声が盛んに届くためすぐに講座内にその内容が反映され、働きながら学習していくことを目指す多忙な受講生のために、最適となるシステムが組まれています。

 

現場のリアルな声を聞くことが出来るということは、とても貴重なことです。普段であれば関わることが出来ない場所からの声というものには、説得力と生々しさがあります。これらを積極的に学び取ろうとすることによって、学習が深まります。

 

”分かったつもり”を防止する

通信教育でよくあるのが、「分かったつもり」「出来たつもり」という、”つもり”での学習です。このようなただの思い込みがあると、それだけでその後の学習の妨げとなってしまいます。

 

ニチイではこのような”つもり”を防止するために、オリジナルのコンピューターを使用し、一人一人の弱点を診断し、気づいていない弱点を完全にカバーするということが行われています。

 

思い込みを正してもらえるということは、効率の良い学習にも繋がり、また、安心して学習することが出来ます。

 

期間限定での通学コースがある

例年8月?12月頃に、期間限定で通学コースが開講されているというのも、特徴の一つです。

 

介護福祉士の国家試験に合格するための知識を直接解説してもらうことが出来、基礎から学ぶことが出来ます。時期も丁度受験と近いのもあり、今まで学習してきたことの総まとめとして役立てることも可能です。

 

通信コースから通学コースへの編入も可能となっており、受講者側が選択できるというのは嬉しい点です。

 

繰り返し学習と実践演習問題

介護福祉士の国家試験の出題範囲はとても広いですが、この広範囲の学習について、「読んで解く」ということを繰り返す内容になっています。質問も添削もサポートがあり、確実に知識を身につけていくことが出来る様になっています。

 

また、「読んで解く」という繰り返し学習の後には、本番の出題形式に慣れるように、実践演習問題が出されます。いくら勉強していたとしても、本番と同じ出題形式がわかっていなければ、困惑してしまう場合もありますよね。

 

そのような事も防止されますし、何よりそこからさらに深い学びが行えるということも特徴の一つです。