介護福祉士 資格 通信講座

介護福祉士の資格を通信講座で取得する

介護福祉士の資格を通信講座で取得するとなった場合、どのようなものがあるのでしょうか。

 

仕事を行いながら介護福祉士の講座を受けるという方はとても多くおられます。

 

どのような講座があるのかを知っておくことによって、学習がしやすくなりますので、ご紹介します。

 

介護福祉士受験対策講座

通信講座で、介護福祉士の受験対策講座を受講することが出来ます。ですが、通信講座という点で、しっかりと学ぶことが出来るのか、理解を深めることは出来るのかということは気になる点です。

 

多くの通信講座では、学習のサポートが充実しています。自宅での学習で、疑問点などが出てきた場合には、FAX・電話・メール・郵送などでの質問が行えるようになっています。

 

また、通信講座では添削などに力を入れている場合が多く、分かっていないと思われる点などに対して、丁寧な回答や解説を行ってもらうことが出来ます。模擬問題なども用意されている場合があり、本番で困ることが無いような内容となってます。

 

通信講座は講師と直接的な会話が困難であるという点から、このようなサポートが充実しているかどうかが大きなポイントになってきます。

 

介護福祉士実務者研修

介護福祉士の国家試験を実務経験が3年以上ある場合に受験する必須要綱として、実務者研修の受講が挙げられます。

 

通信講座として実務者研修を行っているところはほとんどないのですが、自宅学習+スクーリングという形をとっている講座が多くなっています。こちらの講座で自宅学習を行い、数日間のスクーリングを受ける事で、受験資格を得ることが出来ます。

 

数日間のスクーリングは必要ですが、自宅学習を行うという点で、実務と並行しながらでも働きながら講座を受講できる点は嬉しいですね。

 

通信講座ならでは

どちらの講座にも言えることとして、通信講座で学ぶということは、自分のペースや生活スタイルに合わせて学習することが出来るということです。

 

働きながら・子育てをしながら・家事をしながら学習することが出来るので、忙しい方でも自由に学習が可能です。

 

通学講座のように、スクールの場所などを気にする必要もないために、気軽に受講することが出来るものとなっています。