世田谷福祉専門学校 介護福祉学科

【世田谷福祉専門学校】介護福祉学科の特徴とは?

世田谷福祉専門学校には、手話通訳学科などと共に、介護福祉学科という学科があります。

 

この介護福祉学科の特徴とはどのようなものがあるのか、ここでご紹介していこうと思います。

 

世田谷福祉専門学校の介護福祉学科

世田谷福祉専門学校の介護福祉学科では、介護福祉士になるための専門知識や技術を身につけることが可能です。

 

そんな世田谷福祉専門学校の介護福祉学科の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

 

週に1回、学外学習がある

世田谷福祉専門学校では、週に1回木曜日に、学外でボランティアや社会の学びを行い、実践的な知識や技術を身につけることが出来ます。

 

週に1回というのはかなり頻度が高く、このような学習を行えることはとても貴重な経験となりますし、なにより専門学校ならではの取り組みとも言えます。

 

ろう教員から手話が学べる

手話通訳学科(2016年に募集が終了となります)もある世田谷福祉専門学校では、様々な職場で役に立つ手話を、講義や特別講座などでろう教員から学ぶ事ができます。

 

介護福祉士となってからも、手話が出来るとなれば仕事の幅が広がり、何より利用者様との交流がより楽しくなるはずです。

 

介護技術や知識だけではなく、手話に関しても学ぶ事ができるという事は、とても大きな特徴だと言えます。

 

実技科目は少人数制

実技科目は、少人数制でのグループ学習となっています。複数の教員が担当することになりますので、より確実な技術を身につけることが可能です。

 

大人数で実技を身につけようとするのではなく、少人数にすることによって、一人ひとりの技術を確実なものにしていくことが出来ます。

 

就職決定までサポート

学生一人ひとりの希望に合わせた就職相談が行われ、就職が決まるまでしっかりとサポートしてもらう事が出来ます。

 

大学への編入や、関連分野への進学も応援してもらうことが出来ますので、安心して学ぶ事が可能です。