ケアプラン

ケアプランとは?

要介護度が決定すると、その度合に応じて、最大いくらの介護サービスを利用できるかが決定されます。この限度額を念頭に、どのようなサービスを、どんなスケジュールで利用するか計画が立てていきます。これをケアプランと呼びます。

 

多くの場合、ケアプランはケアマネジャーが作成します。作成費用は、介護保険から全額支給され、本人が負担する必要はありません。ケアプランの作成を依頼すると、まずケアマネジャーが利用者宅を訪問して、介護を実際に受ける本人の状態等を調査していきます。

 

その調査結果をもとに、介護専門職に携わる人々が協議を行い、利用者にとって最適なケアプランを作っていきます。ケアプランが完成し、その内容を本人が了承すると、次は介護事業者を選んでいきます。この際にも、ケアマネジャーが助言をします。

 

ケアマネジャーはそれぞれの事業者に連絡を取り、調整を行います。介護費用は、各市町村から事業者に対して9割が支払われ、利用者は1割を負担することになります。

 

ケアマネジャに依頼しなくてもよい?

 

ケアプランの作成は、ケアマネジャーに依頼せずに自分で作成することも可能です。自分で作成した場合は、そのケアプランを市区町村に届け、各事業者に自分で連絡をする流れになります。

 

またケアプランを作成しないケースでは、利用者が事業者に直接介護サービスの全額を支払い、その際に受け取る領収書を市区町村に提出すると、後日支払った費用の9割が払い戻しになります。