介護福祉士

介護福祉士はどんな人に向いている?

介護福祉士に向いている人とは、どんな人なのでしょうか。

 

「高齢者の方の役に立ちたい」「人の為になる仕事がしたい」「高齢者が好き!」このような方が向いているというのは確かですが、他にも向いている人はおられるのです。

 

「してあげる」ではなく「させていただく」と考えられる人

介護福祉の分野において、「介護してあげている」と考えておられる方が多くおられるのが介護業界の悲しい現状です。介護は「させていただいている」と考えるのが正しいことなのです。介護福祉士だからといって、利用者様に偉そうにしていいわけがありません。

 

その方が今までどおりに生活を営めなくなってしまったことに対して、「出来ない部分をお手伝いさせていただく」という気持ちを持って接することが出来る人が向いていると言えます。

 

へりくだって接して欲しいというわけではなく、その利用者様一人一人を尊重することが出来るかどうかというのが問題です。それぞれの生活習慣であったり、何かに対するこだわりなどを、介護士の都合で変えてしまうようなことはあってはなりません。

 

利用者様が抱える問題を、自分自身の問題であるとして解決していこうとする方が向いている職業です。

 

時には自分に鞭を打てる人

介護職は、なんでもかんでもお手伝いしていけばいいというものではありません。時には、お手伝いさせていただきたい気持ちを抑えて、利用者様ご自身に行ってもらわなくてはいけないこともあります。

 

というのは、介護を行うことは利用者様の生活すべてにおいて支援を行うということではないからです。利用者様の生活において少しでも自立して行える事を目指し、「出来る事はやっていただく」ということが大切になってきます。

 

そのため、利用者様がご自身で行える部分には、一切関与せず、見守りを行う程度に留めるということも必要なのです。

 

お手伝いさせていただきたいという気持ちになるところをぐっとこらえ、利用者様がご自身でなされる必要がある部分には手を出さないということが出来る人が、向いているとも言えるのです。

 

介護の仕事内容を知ってもなお、頑張れる人

介護の仕事を知らないままに、介護福祉士として働く方はおられないとは思いますが、実習などでしか現場を見たことが無い方にとっては、介護の仕事内容は少し辛いと感じる場面も多いかもしれません。

 

特に、排泄介助や食事介助などの面で、仕事内容にキツさを感じるのではないでしょうか。当然ながら排泄介助では、利用者様の排泄物を触り、処理するということを行います。

 

排泄物を直接見たり触ったりするということに慣れていない方がおられるのは当然のことですが、それを「汚い!」「嫌!」などと考えてしまう方は、向いていないと言えます。それを顔に出してしまうような方であれば尚更です。

 

また、食事介助などを行う際にも、誤嚥やムセによって、食事を吐き出してしまう方もおられます。もちろんこのようなことになるのは、食事介助の方法に誤りがある為ですが、嘔吐物などを処理したりすることもまた、
「汚い」「気持ち悪い」などと感じてしまう方は向いていないと言えます。

 

利用者様も、好きでそのようなことをしているわけではありません。その部分を理解し、介護職として仕事が出来るかどうかという点が重要です。