介護福祉士 資格 最短

介護福祉士の資格を最短で取得するには?

「介護福祉士の資格が早く欲しい!」「どうやったら最短で取得出来るの?」といった希望をお持ちの方もおられますよね。

 

介護福祉士の資格は国家資格ですので、簡単にホイホイ取得出来るわけではありません。当然ながら、多くの学習と技術も必要となってきます。

 

ですが、その中でも最短といえる方法をご紹介しようと思います。

 

現在の状態によって変わってきます!

現在、年齢はいくつなのか、どのような学校に通っているのか、社会人なのか、といった現在の状態によって介護福祉士への最短ルートは変化してきます。

 

現在中学校に在学中の方の場合

所定の新カリキュラムが取得出来る福祉系高等学校に入学して、所定の単位を修める事によって、国家試験の受験資格を得ることが出来ます。高校3年生の時に介護福祉士の国家試験を受験出来る様になるため、3年で介護福祉士になるということが可能です。

 

福祉系高校ではない高校に在学中の場合

福祉系の高校ではなく、一般の高校に通っている方は、高校を卒業後に、介護福祉士の養成施設に通学することが最短であると言えます。2年間の学習が必要となりますので、高校を卒業後、最短2年で介護福祉士の資格を取得出来るという事になります。

 

介護福祉士養成施設などではない大学等に在学中の場合

社会福祉士の養成施設や福祉系の大学などに在学中の方は、介護福祉士養成施設に1年通学することによって、そこから最短1年で介護福祉士の資格を取得出来るという事になります。ただ、大学などにかかる費用などを考えてみると、なかなか難しい場合もありますね。

 

 

介護の仕事をされている方(実務経験1年以上)の場合

実務経験が1年以上で介護職の仕事をされている方は、今の状態を保ち3年間実務経験を積むことが最短ルートです。

 

 

介護の仕事をされている方(実務経験1年未満)の場合

実務経験が1年未満で介護職の仕事をされている方は、介護福祉士の養成施設に2年間通学することによって、最短で介護福祉士になる事が出来ます。このルートであれば、最短2年で受験まで繋がります。

 

人それぞれ最短ルートは異なる

このように、現在どのような状態であるかということによって、最短ルートが変化してくるのです。ちなみに、いくら最短ルートを通っても、年1回の介護福祉士国家試験に不合格となってしまっては、最短ルートも無意味となります。

 

そのような事にならないために、しっかりと対策を行ってから臨むことが必要となります。