介護福祉士 メリット

介護福祉士として働くメリットとは?

介護福祉士として働いた場合、どのようなメリットがあるのでしょう。介護という職は特殊な職でもあるために、メリットだけを考えて仕事を選ぶ人は少ないと言えます。

 

ですが、働いていく上でのメリットを知ることによって、自分のモチベーションを維持することにも繋がりますので、知っておいて損はありません。

 

介護福祉士として働くメリットを知り、今後の仕事を前向きにこなせるようにしましょう。

 

名称独占であるということ

介護福祉士と名乗れるのは、介護福祉士の国家資格を取得した人だけです。つまり、介護福祉士は「名称独占」なのです。ただ、医師や看護師、弁護士などとは違い、業務独占ではないため、業務内容は他の介護士と同じような内容となっています。

 

名称独占である分、頑張って勉強してきたことや、様々な経験をしてきた方だけが介護福祉士として働く事ができるので、自分の仕事に価値と自信を持って働く事が出来ます。

 

このような点が、介護福祉士として働くメリットの一つだと言えます。

 

待遇の違い

介護福祉士として働く事によって、他の介護職とは給料の面や待遇の面で差が生じます。介護福祉士になった場合に給料が上がるのはもちろん、待遇なども施設ごとに違ってくるのです。

 

介護職は、ただでさえ給料や待遇に不満の声が上がっている職業です。その中で少しでも良い条件で働く事が出来るという点も、介護福祉士として働く事のメリットの一つです。

 

自分自身のため・利用者様のため

介護福祉士としての国家資格を取得して働くという事は、自分自身のスキルアップにもなります。自分が専門的な知識と技術をもって利用者様にサービスを提供することが出来るので、自分の仕事に自信を持つことが出来る様になります。

 

また、利用者様にとっても、そのような専門的な知識と技術が高い方からサービスを受けるという事は、安心できる理由の一つとなります。利用者様一人一人に合ったサービスを提供していくことが大切となる職ですので、介護福祉士の存在はとても大きな意味があるのです。

 

高い知識と技術を持っていることによって、質の良いサービスを提供することが出来るようになり、その施設や事業所のサービス自体の質も向上することに繋がります。そして、介護福祉士であることで、他の介護職の方の模範となるような働きが出来るのです。

 

このように、介護福祉士として働く事は、利用者様のため、そして自分のためのメリットが大きいと言えます。