介護福祉士 求人

介護福祉士の求人状況はどう?

介護福祉士の求人状況はどのようになっているのでしょうか。現在、介護福祉の分野では、多くの介護士が必要とされています。

 

また、介護現場の仕事環境や給料などに不満を持つ方が多い上に、介護士の仕事は想像するよりも大変な部分が大きく、辛い面も多々あります。そのような状況から辞めてしまう方が多いために、とても多くの募集がなされているので、探しやすいという特徴があります。

 

以下で、求人状況について更に詳しく見てみましょう。

 

どこを見ても求人が多くある

介護分野での求人は、「未経験OK」や「介護職員初任者研修資格所持者」などと併せて、介護福祉士の求人も多く見られます。例えば、とあるサイト内での名古屋市だけの求人を見た場合でも5000件もの求人があります。

 

中には、待遇面や仕事内容などから、初心者の介護職の入れ替わりが激しい施設もあるために、求人はとても多くあるのです。待遇や給与面なども、求人情報に記載されているのを見てみると、他の介護職よりは多少優遇されていることが分かるかと思います。

 

このように、多くの求人があるということは、自分の希望の条件に合った職場も探しやすくなるということです。働き始めてから、「やっぱり合っていない」「こんなはずではなかった」などといったことになり辞めてしまうことが無いように、求人情報をしっかりとチェックして、自分に合っているかどうかという部分は十分注意してみておく必要があります。

 

条件などには注意が必要

求人情報がとても多くあるということは、自分の希望にそった職場が見つかりやすくなるということです。ですが、同時に条件面などに関しては、注意深く見ておく必要があります。

 

夜勤はあるのか、賞与はあるのか、休日はどのくらいあるのか、手当てなどはどうなっているのか、年齢の制限はあるのか等、条件面に注目し、自分の希望にあった内容での求人を探すことが大切です。

 

施設や事業所の種類なども、見ておく必要があります。グループホームなのか、老健などの施設であるのか、訪問介護サービスなのか等、その種類によって仕事内容も条件も異なってくるからです。

 

たくさん求人があるからといって、「とりあえずここ!」という決め方ではなく、介護福祉士としての資格を十分に活かせるような職場を選んで応募することが大切となってきます。

 

今後さらに増え続ける

高齢社会である現在の日本において、介護福祉の分野はとても需要の高いものとなっています。そして、今後はさらに需要が高まり、介護福祉士の価値も高まっていくものと思われます。

 

それに伴い、求人はさらに増え、働く施設の幅の広がりや、待遇などにも変化がみられるようになるでしょう。介護福祉士は、まさに今最も必要とされている職業であり、その高い知識と技術はどこにいっても通用するものとなっています。