介護福祉士 仕事

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は、介護の専門知識・技術を持ち、介護の必要な高齢者や障害者に対して、日常生活を送れるよう家事の介助や介護に関する相談に乗ったりします。ここでは、具体的な仕事内容を大きく4つに分けて説明していきたいと思います。

 

@高齢者への介護

介護が必要な高齢者に対して、食事・排泄・入浴・移動・移乗・清潔保持の補助を中心に実施します。また、一定要件を満たした介護福祉士であれば、喀痰吸引(かくたんきゅういん)などの診察補助も行います。

 

A介護に関する指導

介護が必要な高齢者や、その家族に対して適切な介護指導を行うことも大切な仕事になります。要介護者の自立や家族の介護負担の軽減をするために、それぞれの特徴に合わせた効率的な生活動作の方法などについてアドバイスをしていきます。

 

B信頼関係の形成

高齢者と、コミュニケーションを取ることも必要不可欠な業務になります。介護サービスを受ける利用者にとって、介護福祉士と言えどもあくまで他人です。その他人に、個人情報を把握され、排泄・入浴などの行動を観察・介助される訳ですから、介護福祉士は、利用者やその家族と充分な信頼関係を築く必要があります。

 

C介護記録の作成

介護サービスの実施内容や、利用者の状況についての詳細を客観的に記録していく仕事になります。他にも介護福祉士業務内容は、サービス利用希望者の面接、求職者の採用面接、関係機関との連絡、新人職員の教育、実習生の指導など多岐に渡ります。