介護福祉士 資格 活かす

介護福祉士の資格を活かすには?

介護福祉士の国家資格を取得し、その資格を活かすにはどのようにすればいいのでしょうか。

 

ここでは、介護福祉士の資格を活かす方法について、ご紹介していきます。

 

介護福祉士の資格を活かして活躍できる職場とは

介護福祉士は国家資格であり、その資格を取得するには長い年月と勉強が必要となります。その資格を取得したのであれば、それを活かすために働くことが一番でもあります。

 

では、その介護福祉士の資格を活かすには、どのような職場で勤務することがベストなのでしょうか。

 

介護福祉士の資格を活かす事ができる職場を、いくつかご紹介します。

 

○特別養護老人ホーム
○有料老人ホーム
○デイサービス
○デイケア
○介護老人保健施設
○グループホーム

 

などなど、このような介護現場で働く事によって、介護福祉士としての資格を存分に活かす事が出来ます。

 

介護福祉士は、介護のプロフェッショナルとして、直接介護に携わる重要な国家資格です。

 

現在の介護現場での直接介護のトップとも言える資格ですので、その資格を活かすには、介護現場で働く事がベストとなります。

 

ケアワーカーとも呼ばれる介護福祉士は、その専門性の高い知識と介護技術を駆使し、高齢者の方や障がいのある方の生活をサポートし、直接的な介護を行っていきます。

 

高齢社会となっている日本において、介護福祉士の需要はとても高く、その専門性の高さや取得の難易度から、就職などにも大変有利となっています。

 

介護現場以外で資格を活かすには

介護福祉士の資格を取得した際には、やはり直接介護のプロとして、介護現場にて勤務することがベストではあります。

 

ですが、その介護現場以外でも、介護福祉士の資格を活かす事は出来ます。

 

○福祉用具のレンタル会社
○住宅改修の会社(バリアフリーなどを主とするもの)
○福祉用具を考案・作成する会社(おむつ・パッド・福祉機器など)

 

このように、介護福祉士としての現場経験を活かし、高齢者の方・障がいのある方にとっての最適な商品などを考案したり、営業したりといったような職に就くことで、介護福祉士の資格を活かすことも出来ます。