介護福祉士 資格取得 メリット

介護福祉士資格取得のメリット

介護福祉士は国家資格

 

福祉関係の専門職には、介護福祉士の他にも、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、介護職員初任者(旧ホームヘルパー2級)など様々あります。

 

その中でも、介護福祉士は介護に携わる介護職で唯一の国家資格となります。日本では、高齢化が進み、認知症高齢者や要介護高齢者がどんどん増えていますから、これらの問題に対応できる質の高い知識と技術を身に付けた人材が求められていると言って良いでしょう。

 

つまり、介護福祉士のような国家資格を有する専門職者の増加がますます望まれているのです。

 

資格取得のすすめ

 

現在、厚生労働省は介護職について様々な見直しをおこなっています。具体的には、2013年4月にホームヘルパー(訪問介護員制度)制度を廃止して、新しく「介護職員初任者研修」という制度へ変更となりました。これによって、介護福祉士やケアマネージャーなどへステップアップする道のりがとてもシンプルで分かりやすくなりました。

 

これは、介護職における基礎資格を介護福祉士にするという制度が、具体的に勧められていることを意味します。つまり、今後はホームヘルパーや介護職員初任者研修の資格を保持している人達も、介護福祉士資格の取得を視野に入れて考えていく必要があるといえるのです。