介護福祉士 資格 取得方法

介護福祉士の資格の取得方法は?

介護福祉士の資格を取得するには、どのような方法をとればいいのでしょう。

 

介護福祉士になりたいけど、資格そのものをどうやって取得するのか分からない!そんな方のために、介護福祉士の資格取得方法を、ここでご説明します。

 

介護福祉士は国家資格

介護福祉士は、現場で介護を行う介護職の中のプロとして、国家資格に位置づけられている資格です。

 

そのために、何といっても国家資格に合格することが最重要ポイントとなり、それと同時に、国家資格に合格出来なければ、介護福祉士の資格は取得出来ないということになります。

 

2015年度までの介護福祉士国家試験は、実務経験3年以上が必要でしたが、2016年度からは、実務経験3年以上に加えて、実務者研修の受講が必須となりました。

 

また、いかなる場合にも国家試験の受験が必須とされるようになりました。これらは、介護福祉士の資格がより上位のものに位置づけられたということにもなります。

 

試験に合格しても登録しなくては意味がない

試験に合格したからといって、すぐに介護福祉士と名乗れるわけではありません。登録を行う事によって、はじめて介護福祉士として名乗ることが出来ます。

 

介護福祉士は名称独占ですので、登録をしていない人が介護福祉士だと名乗ることは許されません。登録しなくては資格が無効になるということはありませんが、素早く登録を行い、介護福祉士として働けるようにしておくことがベストです。

 

まずは受験資格を得ましょう

介護福祉士の国家試験を受験するには、その受験資格が必要となります。受験資格を得るためのルートは、3種類あります。

 

1.実務経験3年+実務者研修ルート
2.福祉系高校ルート(所定の福祉系高校など)
3.養成施設ルート(所定の大学・短大・専門学校など)

 

これらをみた場合、介護福祉士を取得するためには、すでに社会人である場合には2,3のルートではなく、1のルートを通り験資格を得るというイメージになりますね。

 

介護職として働く方の中で介護福祉士を取得しようとされている方なども、1に当てはまるかと思います。いずれのルートを通るにしても、必ず国家試験は受験しなくてはなりませんので、注意が必要です。

 

実技試験が免除になる場合も

介護福祉士の国家試験には、筆記試験と実技試験の2種類があります。当然、どちらにも合格しなくては、介護福祉士と名乗ることは出来ません。

 

しかしながら、この実技試験が免除になる場合があるのです。平成27年12月末までに実務者研修を修了している方が免除の対象となります。

 

筆記試験では合格したにもかかわらず、実技試験で不合格であったために介護福祉士になれなかったという方も、大勢おられるのが現状です。

 

そのような中で、実技試験の免除を受ける事が出来るのは、とても強みだとも言えます。免除されたからといって技術面の学習を怠ることなく、日々職場の中で磨いていく必要があります。