介護福祉士 役割

介護福祉士の役割とは?

社会福祉及び介護福祉士法

 

介護福祉士とは、社会福祉及び介護福祉士法に基づく国家資格となります。ですから、社会福祉及び介護福祉士法の規定を守り業務を行なっていかなければいけません。

 

社会福祉及び介護福祉士法では、具体的に、誠実義務・秘密保持義務・信用失落行為の禁止・名称の使用制限の禁止事項などが定められています。

 

さらには、日本介護福祉士会において、介護福祉士が利用者やその家族に対して最善のサービスを提供出来るように、日本介護福祉士会倫理綱領によって、利用者本位・プライバシー保護・利用者の代弁・地域福祉の推進・後継者の育成などについて定められています。

 

介護福祉士は、上記の規定内容を基に利用者やその家族に介護サービスを提供していくことが求められているのです。ですから、介護福祉士は、介護業界において多くの役割を担い、高い質の知識とスキルを身に付けなければいけないと言って良いでしょう。

 

誠実義務

誠実義務の中では、「介護福祉士は、その担当する者が個人の尊厳を保持し、その有する能力及び適正に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、常にその者の立場に立って、誠実にその業務を行わなければならない」と定められています。

 

秘密保持義務

秘密保持義務の中では、「介護福祉士は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らしてはならない。介護福祉士を辞めた後でも、同様である」と定められています。日本介護福祉士会倫理綱領でも「プライバシーの保護」として同様の事が明記されています。

 

よく介護職員が仕事を終えた後に、自宅などで家族に利用者の話題を話したり、友人や介護職員といった仲間内で仕事中にあった出来事を話したりといったケースがありますが、このような行為も厳密には秘密保持義務に反する行為だと言えるでしょう。

 

連携

連携とは、「介護福祉士は、介護サービスを行うにあたって、その担当する利用者に、認知症などの心身の状況やその他の状況に応じて、福祉サービスなどが総合的かつ適切に提供されるように福祉サービス関係者などと連携を保たなければならない」とする規定です。

 

介護の現場では、介護福祉士以外にも、医師・看護師・社会福祉士といった様々な専門職の人達が、利用者の自立した生活を維持・改善するために働いています。

 

介護福祉士は、この連携の規定に則って、様々な専門職と連携をしながら、効果的に利用者にサービスを提供することが求められています。

 

信用失落行為の禁止

信用失落行為の禁止の中では、「介護福祉士は、介護福祉士の信用を傷つけるような行為をしてはならない」と定められています。公務員などでも同様の規定がありますが、つまり、周囲の人達が抱く介護福祉士に対するイメージを損なうような行為をしてはいけないということです。

 

名称の使用制限

名称の使用制限の中では、「介護福祉士ではない人間が、介護福祉という名称を使用してはならない」と定められています。これを「名称独占の資格」といい、資格を保持している人のみが、その資格を名乗ることが出来るという決まりです。

 

福祉関係の資格では、介護福祉士や社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員・理学療法士・作業療法士などがこれにあたります。ちなみに医師などの資格は「業務独占の資格」といい、資格を保持している人のみが特定の行為を行うことが許されています。