介護福祉士 国家試験 勉強方法

介護福祉士国家試験対策|効率の良い勉強方法とは?

介護福祉士の国家試験対策について、その勉強方法は人それぞれだと思います。ですが、効率の良い勉強方法があるとすれば、気になるのではないでしょうか。

 

ここでは、介護福祉士の国家試験において、効率の良い勉強方法についてご紹介していこうと思います。

 

どんな勉強方法が効率的なの?

介護福祉士の国家試験を受験される方の中には、実務経験ルート(3年以上の実務経験+平成28年度からは実務者研修修了が必須)を通る方も多くおられます。

 

そのような場合であれば、働きながら国家試験を受験することになります。

 

「勉強したくても忙しくて出来ない」「どこをどう勉強したらいいか分からない」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、効率の良い勉強方法をご紹介していきます。

 

とにかく過去問題や予想問題を解く

介護福祉士の国家試験対策として、とにかく過去問題集や予想問題集を解くという方法があります。

 

この方法は、自分がどこまで理解しているのかを知るためや、自分の弱点を知るためにとても役に立ちます。

 

この場合には、最新版のものに拘らず、ここ最近のものを出来るだけ多く解くことが大切です。

 

この方法で自分の弱点が分かれば、そこを補強するように学習を進めていくと効率よく学ぶことが出来ます。

 

仕事中に分からない事を調べる

実務経験ルートを通る方の場合であれば、勤務中に利用者様との関わりの中から、分からないと思ったことを調べていく方法もおすすめです。

 

実際に利用者様と関わることが出来るというのは、強みでもあるのです。

 

利用者様の症例などから、どのようなタイプの症状なのか、どのような理由でその症状が出るのか等、そのような事を調べていく事で、自然と知識が身につきます。

 

対策講座を受講する

介護福祉士国家試験の対策講座を受講することによって、独学で学習するよりも効率よく学ぶことが出来ます。

 

介護福祉士の国家試験は、とても広範囲からの出題となります。そのため、独学ではどこをどのように学習したらいいかが分からず、非効率的な学びとなってしまいます。

 

ですが、対策講座を受講することによって、ポイントに絞って学習できます。

 

対策講座にも様々あり、4日間程度で受講が終了する短期集中型のものもありますので、一度調べてみてくださいね。