介護福祉士 年収

介護福祉士の年収はどれくらい?

介護福祉士として働くのであれば、ある程度年収などは気になるものですよね。

 

介護現場の待遇や給料は良くないといっても、介護福祉士としてであれば少しは上がるはずです。実際にはどのくらい年収があるのかどうか、見てみましょう。

 

年収はズバリ!

介護福祉士としてどこで働く方でも同じ給料がもらえるということはまず有り得ませんよね。施設や事業所、雇用形態なんかによっても、随分と差が出てきます。

 

施設で正職員として働く介護福祉士の年収は、約250?350万円程度と、大きな幅があります。介護職は、夜勤があったり、土日も関係がなく働き、体力面でも精神面でも辛い仕事である割には、給料は他の仕事よりも低めだとも言われています。

 

これらの面に不満をもって、介護職を辞めていく方がとても多くおられるのは事実です。今後、さらなる需要の高まりによって、給料や待遇面での改善が見られることを願うばかりです。

 

資格手当てがつきます

介護福祉士には資格手当てが付く場合があります。3千?1万円の間で施設などによって異なってきます。

 

年収は決して多いとは言えませんし、待遇がいいとも言えませんが、夜勤手当や資格手当て、休日出勤などの手当てをあわせると、他の介護職よりは少し上乗せされているのです。

 

より手当てなどをもらっておきたいという場合には、ケアマネジャーの資格を取得したりすることで、手当てや待遇面などに変化がある場合もあります。

 

年収よりも・・・

実際に生活していくうえで、年収のことを気にするのはもちろん当たり前のことですが、利用者様にとっては介護職員の年収が大切なのではなく、よりよいサービスの問題なのです。

 

年収を上げたいからと言って介護福祉士を取得したり、ケアマネジャーを取得したりといった、目的が全く異なっている状態で勤務を行うことは、利用者様に対して大変失礼な行為とも言えます。

 

介護福祉士としての仕事を一生懸命頑張っているうちに、様々なスキルアップや昇給などもあるかもしれません。今出来る事を一生懸命行い、利用者様の事を考えて働いていくことが大切です。