介護福祉士

介護福祉士とは?

介護福祉士とはどのような資格かについて説明していきたいと思います。一言で言えば、身体的、精神的障害によって介護を必要としている人に対して、自立した生活を営むための様々な援助を行う介護のプロフェッショナルだと言えます。

 

では、ホームヘルパーとの違いは何でしょうか?介護職員初任者や介護職員実務者が、「それぞれの研修を修了したことを示す身分証明証であるのに対して、介護福祉士は「国家試験に合格しなければ取得できない資格」になります。

 

介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験の2つに分かれており、筆記試験の科目は、社会福祉概論・老人福祉論・障害福祉論・リハビリテーション論・社会福祉援助技術・レクリエーション活動援助法・老人障害者の心理・家政学概論・医学一般・精神保険・介護概論・介護技術・形態別介護技術などがあります。

 

介護福祉士の資格を取得すると、介護職員実務者と同じ技能があると認められ、主任ヘルパーや介護コーディネーターとして就業する場合が多いです。またホームヘルパー以外にも、特別養護老人ホームなどの介護職員として働く人の割合も一定数います。

 

国家試験を受けずに取得もできる

 

介護福祉士の国家試験を受けるためにも、@3年以上の実務経験がある。A高等学校の福祉科卒業など3年の実務経験に準じているとみなされる。どちらからいずれかの受験資格が必要になります。

 

また、国家資格を受けずに介護福祉士の資格を取得する方法が2通りあります。

 

1つ目は、福祉系大学等えを卒業後に、国が指定した養成機関で1年間介護の專門スキルについて、勉強をする方法。2つ目は、国が指定した養成機関で2年以上の専門教育を受ける方法です。

 

どちらも、卒業後に介護福祉士として登録されることになります。さら詳しく知りたい方は、財団法人社会福祉振興・試験センターなどに問い合わせてみることをおすすめします。